作成ネット収入HP「あくせすポイント」
トップ >  作ったホームページで稼ぐ > 収入リファレンス1

アフィリエイトのリファレンス

案外 知らない専門用語

す、すみません。訂正しておきます。

専門用語は、分かりにくい。
知っているようで、知らないことって、本当に多いですよね。
当サイトで、使っている言葉にも、勘違いが含まれています。

反省の意味も込めて、ここに、正しい用語をまとめてみました。

  1. アフィリエイト
  2. アフィリエイトネットワーク
  3. ECサイト
  4. アフィリエイトサイト
<>
■ アフィリエイト(Affliate)

「提携」を意味する英単語。
インターネット上では、企業とサイト運営者の提携を指す。

提携したサイト運営者は、自分のサイトに提携企業へのリンクを貼る。提携先での、登録や購入成果が発生すると、企業からの報酬が支払われる。

「アフィリエイト」は、このようなシステム全般をいうことが多い。

■ アフィリエイトネットワーク

企業と、サイト運営者とをつなぐ、サービスサイトをいう。
A8Netや、JaNetValueComaseなどがある。

当サイトでは、これをアフィリエイトサイトと呼んでいるページがあるが、アフィリエイトネットワークが正しい。
現在はASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)と言う方が一般的である。

■ ECサイト

商品やサービスを提供する、企業側サイトのこと。
アフィリエイトネットワークによって、言い方は異なる。

ECサイト
広告主会員
マーチャント(広告主)
卸会員
ECショップ

などなど。言葉は違っても同じ意味である。
当サイトでは、「広告主」と表現することが多い。

■ アフィリエイトサイト

広告主に対して、「リンクを貼る運営サイト側」をこう呼ぶ。
つまり、あなたのサイトだ。

パートナー
AS会員
販売店
FCオーナー
アフィリエイトパートナー

などの言い方がある。
運営している人間(私やあなた)のことを、アフィリエイターという。


Copyright(C)AccessPoint by Tukioyaji ページトップ
メールする