作成ネット収入HP「あくせすポイント」
トップ >  作ったホームページで稼ぐ > ホームページの文章 > 実体験という武器

実際に体験したことには、勝てまへん

知っていることと、やっていることとの差

百聞は、一見に如かず

注 : このコラムは、下品を承知で書いてます。


エロ本が好きでした。 ^^;


中学・高校のころは、それこそ,考えられるモノは、全て手に入れたものです。
家族が寝静まった夜、その手の本が売っている自販機まで、自転車をコイで買いに行ったことも、いまとなっては、アホな思い出の一つです。

そうやって、仕入れた、ナケナシの情報をもとに、想像をめぐらす。

「 ああなのか? 」
「 こうなのか? 」

男なら、多かれ少なかれ、そんな記憶があるのでは?

そして、いつかは大人になる。
見事に打ち砕かれた、最初の一発がくるのですね。

「 百の情報は、一発に如かず 」
童貞は、経験者の話を聞きたがるもの。
つまるところ、実体験は、知識よりも強い!!!

セールス文を書くなら、実体験を書きましょう。

売ろうとしている商品について、赤裸々な体験を語るのです。買った人の言葉であれば、信頼は高くなります。使った人でなければ書けない文章というものがありますからね。自然に、売れる確率も高くなってきますよ。

できれば、自分のサイトで取り扱う商品は、すべて体験するのが理想です。
アフィリエイトサイトからの情報だけでは、紹介文には限界がありますから。

文章に悩んだら、一度その商品を買ってみること。

商品を想像している童貞(処女)さんに、商品の「うっふん」を、教えてあげよう。
そんなつもりで、体験セールス文を書いてください。

<>

Copyright(C)AccessPoint by Tukioyaji ページトップ
メールする