作成ネット収入HP「あくせすポイント」
トップ >  作ったホームページで稼ぐ > ホームページの文章 > 売らない文章

セールス文で、売り込みはしない

押し売りはいけませんぜ

買えっ買えって言われたら、誰も買わない

セールス文は、売らない文章に徹するようにする。
正しくは「 商品を押し付けるような文章は、書くべきではない。」ということです。

誰でも、無理やり押し付けられると、拒否反応を示すもの。
欲しいと思った品々も、押し売りからは、買いたくありません。

たとえが悪いですが、好きな人から告白された場合でも、
「 あたしのこと好きなんだろ? 付き合ってやるよっ 」
なんて言われた日にゃ、
「 うるへー お前なんか嫌いだ! 」
と、反感バリバリの答えを、怒鳴り返したくなりますよね。

それほど、押し付けは嫌われるのです。

セールスの文章の場合は、どうでしょうか?

「 これ、いい商品だから買え! 」
そんなニュアンスが一つでも見えたら、訪問者は、速攻で別のサイトへ行ってしまうでしょう。知り合いから、言われれば買ってしまうかもしれませんが、赤の他人のホームページでは、難しい。

では、どうするのか?

回答は、人やサイトによって、さまざまです。

■ 押し付けをしないで、自然に伝える。
■ 自分の感想を、そのまま書く。
■ とにかく、情報量で、押し切る。

私は、ギャグやニュアンスでの表現をとったり、その世界に引きずりこむような文章を目指して、書いたりしています。オフザケは大好きです。 ^^;

文章はうまく作れるといいますね。しかし、いくつもいくつも書いていると、上手い言葉も底がつきます。結局は、自分の「地」がでてくるんですねぇ。
これが、経験上の結論です。

下手に、売らんかな文を書くと、見透かされてしまいますよ。

<>

Copyright(C)AccessPoint by Tukioyaji ページトップ
メールする