作成ネット収入HP「あくせすポイント」
トップ >  作ったホームページで稼ぐ > SEO対策 > SEOサイト内対策2

見える部分のSEO対策

みんなやっているサイトのまえ

BODY部分のSEOは、こうしておく

Googleのロボット検索は、ページの文字を読み取ります。
あくまでも、プログラムのやることなので、「語」として意味をなさないこともしばしばです。

語として、意味をなす成さないにかかわらず、ページ内の文字を評価し、点数をつけ、重要度を確定するのが、検索エンジンのやり方です。

その中で、特定のタグで囲まれた文字は、そのキーワードとして、高く評価されます。

Hタグ
STRONGタグ
EMタグなどがそれです。

  1. Hタグ
  2. STRONG・EMタグ
  3. P・DIVタグ
  4. 内部リンク
■ Hタグ

Hタグは、見出しとして使われるタグです。
H1〜H6まであり、数字が小さいほど、キーワードとしての点数が高くなるようです。

それならば、H1を連発すれば、ページの評価が上がりそうですね。でも、それをやってしまうと、そのページは”スパム”の烙印を押される可能性があるのです。

<h1>見出し1</h1>

Hタグを使う場合は、1から順序よく使うこと。
H1・・・H2・・・H3
といった具合です。

順番は変えないこと。
各タグの間には、他のタグが入ってもかまいません
H1・・・P・・・H2
などですね。

使用頻度は、各ページとも、H3までは1回ずつにしておきます。
H4以降は、何度登場してもいいようです。

■ STRONG・EMタグ

Hタグに次いで評価が高いのが、STRONGEMタグです。

STRONGは、太字として表示されます。
もし、あなたが、Bタグで太字表示しているなら、STRONGタグに変更したほうがいいでしょう。

EMタグは、論理強調です。斜体文字で表されます。
あなたが、イタリック(Iタグ)を使っているなら、EMタグに直してください。

<strong>ストロング</strong>
<em>論理強調</em>

Googleのアドセンス広告表示は、STRONGタグからキーワードを拾うといわれています。
収入に結び付けるにも、放ってはおけないタグですね。

■ P・DIVタグ

キーの重要度とは、異なる解釈ですが、タグやDIVタグもまた重要です。

HTMLのタグには、すべて、意味があります。
引用するだけのタグ。
データをラレツするタグ。
そして、文章を書き込むタグ。

それぞれのタグには、それぞれの正しい使い方がある。
Googleは、その使い方をも評価します。検索ロボットは、今後も、改良がなされるでしょうが、その度に、HTMLの仕様原則に近づいていくのではないかと、考えれてます。

DIVは、文のまとまりを表すタグです。本文は、このタグで区切って使用するのが、本来の使い方なのですね。

Hタグで見出しをつけ、タグやDIVタグでコンテンツを入れる。
その仕様原則を守るだけで、一時的でない、ほったらかしのSEO対策が施されるものと、私は考えています。

<p>文章</p>
<div>文章</div>

PとDIVの違いは、改行されるかされないかです。
Pが改行されます。

■ 内部リンク

各ページからは、かならずトップページへのリンクを貼ります。
一昔なら、これも、重要なSEO対策とされていました。

外からの優良リンクが多い方が、サイトの評価が高くなるのですが、それなら、サイト内のページも、ひとつひとつがHP。評価としてカウントされてもいいはずですね。

しかし・・・最近ではSEO対策として疑問視されています。
上位対策として、Google評価が変わらないかもしれません。

それは別にしても、ユーザービィティ(使いやすさ)を考えると、どのページからもトップへ行けるほうがいいのです。

時々、上から下にしかリンクしていないサイトがあります。
全ページにリンクがないと、トップ以外のページに飛び込んでしまっ場合、他のページを見ることができない。URLから特定すればいいのですが、手間をかけてまで見ようとは思いません。

せっかくの訪問者。取り逃がすのはもったいないですね。

どのページにも、トップへのリンクは忘れずに。

<>

Copyright(C)AccessPoint by Tukioyaji ページトップ
メールする