作成ネット収入HP「あくせすポイント」
トップ >  ホームページ作成 > TABLEでベースを! > TABLEタグ

TABLEタグの説明

TABLEの概要

TABLEとはこういうものです

テーブルは、元々データをラレツするために用意されたタグです。
そんなわけで、テーブルそのものに、テーブルを説明する見出し部分や、表内の項目を書き込むためのタグが用意されています。

一通りの説明はしてますが、私自身、ページを作るうえで、不要だと思ったタグについては、深くは書きません。
なぜなら、それらは一度も使ったことが無いタグだからです。

個人で意見も違うこともあるので、使いたい人は利用してみてください。

マウスを上に置くと、簡単な説明文が表示されるものがあります。
リンク先はこのページですので、クリックしてもムダですよ。

<thml>
<head></head>

<body>
<table vspace="数字" hspace="数字">

<caption align="位置">テーブルの説明</caption>

<th>
<td>項目1</td>
<td>項目2</td>
</th>

<tr>
<td>内容1</td>
<td>内容2</td>
</tr>

</table>
</body>
</html>

上のテーブルは、次のような位置関係となります。



おおよそのイメージがつかめたでしょうか。

TABLE部分のタグのうち、必要なものだけをまとめました。

<table>
<tr>
<td></td>
</tr>
</table>

私は th や caption を使っていない。
使わなくても機能するです。

余計なものは覚えずに、初めは大事なことだけ理解しましょう。

次はtdtr の関係です。

<>

Copyright(C)AccessPoint by Tukioyaji ページトップ
メールする